ドストエフスキー全作品を電子化する

フョードル・ドストエフスキー(1821-1881)の全作品の電子化をめざしている人のブログです

『カラマーゾフの兄弟』第11篇

『カラマーゾフの兄弟』第十一篇第十章 『それはあいつが言ったんだ!』

第十 『それはあいつが言ったんだ!』 アリョーシャは入って来るといきなり、一時間ほど前に、マリヤが自分の住まいへ駈け込んで、スメルジャコフの自殺を告げたと、イヴァンに話した。『わたしがね、サモワールをかたづけにあの人の部屋へ入ると、あの人は…

『カラマーゾフの兄弟』第十一篇第九章 悪魔 イヴァンの悪夢

第九 悪魔 イヴァンの悪夢 筆者《わたし》は医者ではないが、しかしイヴァンの病気がどういう性質のものか、読者にぜひ少し説明しなければならぬ時期が来たような気がする。少し先廻りをして、一ことだけ言っておこう。彼はきょう今晩、譫妄狂にかかる一歩手…

『カラマーゾフの兄弟』第十一篇第八章 三度目の、最後の面談

第八 三度目の、最後の面談 まだ半分道も行かないうちに、その日の早朝と同じような、鋭いからっ風が起って、細かいさらさらした粉雪がさかんに降りだした。雪は地面に落ちたが、落ちつくひまもなく風に巻き上げられた。こうして、間もなく本当の吹雪になっ…

『カラマーゾフの兄弟』第十一篇第七章 二度目の訪問

第七 二度目の訪問 スメルジャコフはその時分、病院を出ていた。イヴァンは彼の新しい住まいを知っていた。それは、例の歪みかしいだ丸太づくりの小さい百姓家みたいな家で、廊下を真ん中にして二つに仕切られていた。一方には、マリヤ・コンドラーチエヴナ…

『カラマーゾフの兄弟』第十一篇第六章 スメルジャコフとの最初の面談

第六 スメルジャコフとの最初の面談 イヴァンがモスクワから帰って以来、スメルジャコフのところへ話しに行くのは、これでもう三度目であった。あの兇行後、初めてスメルジャコフに会って話をしたのは、彼がモスクワから帰って来た当日て[#「当日て」はマ…

『カラマーゾフの兄弟』第十一篇第五章 あなたじゃない

第五 あなたじゃない アリョーシャはイヴァンの家へ行く途中、カチェリーナが借りている家のそばを通らなければならなかった。どの窓にも、灯火《あかり》がさしていた。彼はふと立ちどまって、訪ねてみようと決心した。一週間以上も、カチェリーナに会わな…

『カラマーゾフの兄弟』第十一篇第四章 頌歌と秘密

第四 頌歌と秘密 アリョーシャが監獄の門のベルを鳴らした時は、もうだいぶ遅く(それに、十一月の日は短いから)、たそがれに近かった。けれど、アリョーシャは何の故障もなく、ミーチャのところへ通されることを知っていた。こういうことはすべてこの町で…

『カラマーゾフの兄弟』第十一篇第三章 悪魔の子

第三 悪魔の子 アリョーシャがリーザの部屋へはいると、彼女は例の安楽椅子になかば身を横たえていた。それは、彼女がまだ歩けない時分に、押してもらっていたものである。彼女は出迎えに身を動かそうともしなかったが、ぎらぎら輝く鋭い目は、食い入るよう…

『カラマーゾフの兄弟』第十一篇第二章 病める足

第二 病める足 用件の第一は、ホフラコーヴァ夫人の家へ行くことだった。アリョーシャは、少しでも手早くそこの用件を片づけて、遅れぬようにミーチャを訪ねようと思い、道を急いだ。ホフラコーヴァ夫人はもう三週間から病気していた。一方の足が腫れたので…

『カラマーゾフの兄弟』第十一篇第一章 グルーシェンカの家で

第十一篇 兄イヴァン 第一 グルーシェンカの家で アリョーシャは中央広場のほうへ赴いた。彼は、商人の妻モローソヴァの家に住んでいるグルーシェンカのもとへと志したのである。彼女は朝早く、彼のところヘフェーニャをよこして、ぜひ来てもらいたいとくれ…