ドストエフスキー全作品を電子化する

フョードル・ドストエフスキー(1821-1881)の全作品の電子化をめざしている人のブログです

メモ006 マンガの文字データを収集する。まずはじめに『ドラえもん』で。

こういうものがある。

聖書本文検索 | 日本聖書協会ホームページ

さて、『ドラえもん』である。30年後には、「世界の記憶(世界記憶遺産)(※1)」候補になる可能性もあるこの作品、名言集や迷言集はインターネット上でたくさんみつかる。しかし、セリフをはじめとした文字データ”だけ”を収集する、ということは、だれもやっていないらしい。わたしが知らないだけかもしれないが。
というわけで、わたしがはじめようとおもう。
原則として、マンガ1冊につき5ページ分の電子化とする。

以下に、例をしめす。役名は省略する。

未来の国からはるばると

コーンコーンコーン

のどかなお正月だなあ。
今年はいいことがありそうだ。
いやあ、ろくなことがないね。
野比のび太は三十分後にくびをつる
四十分後には火あぶりになる
だれだ、へんなこというやつは。
でてこいっ。
だれもいない。
気もち悪いなあ。
ゴトガタゴト

ぼくだけど。
気にさわったかしら。
ワッ
だっ、だれ?
どこからきたんだ。
なにしに
ど、ど、どうしつこんなところから
いっぺんに聞かれてもこまるな。
そんなこと、どうでもいいじゃない。
ぼくはきみをおそろしい運命からすくいにきた。
三十分後に首つり、四十分後に火あぶり?
そんなのたいしたことじゃない。
きみは年をとって死ぬまで、ろくなめにあわないのだ。
エーッ!!
でたらめいうな!!
人の運命がわかってたまるか。
それがわかるんだ。
どうしてわかるかというとね。
ウ、ウン……。

なにこれ?
おもち。
うまいもんだなあ。
パクパク
生まれてはじめて食べた。
どうもごちそうさま。
なんだああいつ。
たしかここから…………。

アハハハ
ばかばかしいや。ぼくはゆめを見ていたんだ。
ぼくが首なんかつるわけないじゃないの。
アハハ。じいつにくうだらない。
おうい、ドラえもん

あれっ、ドラえもんは?
ドラえもんに話はきいたろ。
きょうからドラえもんがめんどうみるよ。
ぼくがついていればいいんだけど、いそがしいもんでね。
あいつもできのいいロボットじゃないけど、おじいさんよりはましだろ。
おじいさんはなにをやらせてもだめなんだもの。
勉強もだめ、スポーツもだめ、じゃんけんですら勝ったことがない。
だから、おとなになってもろくなめにあわないんだ。
でも、これからはドラえもんがついてるから安心しな、おじいさん。
ちょっと待てよ、おじいさんおじいさんって、だれのこと?
だれのこと?
ドラえもんに聞かなかったの?
やあ、ごめん。

テストにアンキパン

こまったこまった。
どうしよう。
う~~~ん…………。どう考えてもわからない。
さっきからなにをこまっているの。
あしたテストがあるんだ、国語と算数といっぺんに。
やかんとまくらをもってるのは?
まるで関係ないけど、つまりそれほどあわててるってこと。
こまったこまった。

なあんだ。
おい、助けてくれないのか!!
こんなにこまってみせてるのに。
このままだと、かくじつに0点とっちゃうよっ。
それじゃこのせん風機で…。
たすけてくれるの。
やっぱりドラえもんはたよりになるなあ。
学校をふきとばせば、テストがない。
そんならんぼうな!!
じゃ、この「動物ライト」で先生をゴリラに………。
まじめに考えてくれっ。
ふだん勉強しないのがいけないんだっ。
これからはちゃんと、勉強するから。
こんどだけたすけて。

「アンキパン」を使おう。
ノートにくっつける。
うつる。
食べる。

モグモグ
それで、そのページにかいてあることは、すっかりおぼえたよ。
えっほんと!?
ためしてみる。
2になにをかけてら6になる?
3だ!!
そらできた。
算数と国語のノートと教科書とワークブックを、ぜんぶおぼえておけば、なんとかなるだろ。
たすかるなあ。

………と思ったら、かんじんのページがぬけてる。
そうか、こないだはなをかむとき、ちり紙がなくて……。
なに、やってんだ!!
「アンキパン」をうんとだしてよ。
友だちのノートをうつさせてもらう。
きたないなあ。
ぼくはよく勉強するからな。
とてもパンにうつして、食べる気になれない。
さすがにしずちゃんのはきれいだ。これをちょっとおぼえちゃおう。
そんなかんたんにいくなら苦労しないわ。
おぼえることなら自身があるんだ。


ただし、いまはいろいろといそがしいので、ほとんど更新できないと思う。
3月から日本列島(だけじゃないだろうが)のあちこちで、ものすごくたくさんの人が外出できなくなる可能性があるので、ここでこのアイデアを紹介することにした。
ためしに、「未来の国からはるばると」の文字データを全部収集して、読み上げアプリをつかって読み上げてもらうと、落語を聞いているようで、安眠に役立つことがわかった。わたしだけかもしれないが。
やりたい人がいるなら、どうぞやってください。


※1 こういうものもある。
百合文書をさがす:詳細検索|東寺百合文書
あとがき20 【祝・世界記憶遺産】「東寺百合文書」以前: 網野善彦『中世東寺と東寺領荘園』(東京大学出版会、1978) - あとがき愛読党ブログ