ドストエフスキー全作品を電子化する

フョードル・ドストエフスキー(1821-1881)の全作品の電子化をめざしている人のブログです

特設――27時間かけて「白痴」(ドストエフスキー作、米川正夫訳、2段組約640ページ)を電子化します

この事業には3つの目的があります。
・オリンピックより人々にまっとうな労働をあたえるべきことをアピールすること
オリンピック組織委員会より計画をうまくやれることをしめすこと
・電子図書とインターネットの地位向上

24ページ分(txtファイル、ANBIで約60KB)に1時間かけると、400文字に1か所の誤字、という結果になります。
まず、このやりかたで全ページを電子化します。
2021年7月23日以前に作業を終えられるかもしれません。

4日に1回ツイッターで報告します。





 
 
 
以下、一字移動させた記事の内容です

このブログでは、ドストエフスキー(1821-1881)の全作品の電子化を目標としています。
2年間で10MBの電子テキストの公開を予定しています。
ここで公開している電子テキストの8割は、生活苦の学生への支援事業の成果物です。資金は2年間で約100万円です。この少なくない分は借金です。
くわしくは、以下の記事を参考にしてください。
ttps://s3731127306973026.hatenadiary.com/entry/2095/01/01/000000_1
管理人はドストエフスキー初心者です。
要望があれば、コメント欄におねがいします。
以前このブログを訪問された方は、以下の部分を反転してください。 
いろいろ悩んだのですが、名前を変更させてもらいました。『ドラえもん』第1話発表から50年目を共に祝うことができず、残念無念です。
ドラえもん』関連の記事は、タグ[ドラえもん]をつけております。
記事を読みたい方は、「ドラえもん」で検索おねがいします。